お客様本位の業務運営についての方針

株式会社Wins保険サービスは、『お客様の為』を常に最優先することを、現在も未来も続けていくために、そして保険代理店の仕事と価値を社会に発信し、
保険コンサルティングの未来のために本方針を制定し、見直し、取り組むことを公表します。


1.お客様の最善の利益の追求についての方針

お客様の最善の利益の追求をするため、私たちは第一にお客様との関係性を重視します。
お客様に、安心し信頼し親しみを持って頂けるように、喜びや楽しみをも感じて頂けるよう想いを持ってお客様と接します。
お客様の「為になるのか」「役に立つのか」「利益に繋がるのか」を常に考慮し、たとえそれが僅かな差であっても、ぶれることなくお客様の利益を最優先に考えて行動します。

我々の正業は単なる保険セールスだとは考えていません。クライアントを護り、成長に寄与するための最善策の提案・運用・管理が我々の価値だと考えています。
その過程として保険販売のプロセスがあると考えます。
真のコンサルティングを提供したいと考えています。

<具体的な取組み>
しっかりとお客様のお話を聴き、一番に関係性を大切にします。そのために

・ 来店したくなるような魅力ある店舗づくりをします。
・ 親しみやすく相談しやすい対応を心がけます。
・ 間違いの無い正確かつ迅速な対応をします。
・ お客様のご要望をしっかりお聞きします。
・ お客様の立場で、自分自身の事として考え行動します。
・ お客様のご納得やご満足の結果として私達の仕事が成り立ち、成長し、永続を目指すことを、会社の範とします。



2.利益相反の適切な管理についての方針

保険会社にはサプライヤーとして、お客様に対しより良い商品の開発と供給、サービスの向上を求めていきます。
また保険会社の販売奨励策等に影響を受けない業務運営をいたします。
(会社の利益よりお客様の利益が優先される、を実践するため利益相反は起こりえないと考えていますが、
常に利益相反管理の適切性と有効性を検証し、その検証結果を踏まえて継続的な改善に努めます。)

<具体的な取組み>
募集スタッフには手数料を開示せず、商品の品質、保険会社の信頼性、支払い及び付帯サービスの優劣によって商品比較と選択をします。



3.手数料等の明確化についての方針

お客様の手数料の開示請求に対しては、保険商品の種類に関わらず開示いたします。
開示に関しては保険契約が成立後、募集担当者以外の担当者より開示させて頂きます。

また、お客様が負担する手数料・費用が生じる契約については、その名目を問わず募集時に
募集担当者よりご理解・ご納得いただけるよう丁寧にご説明いたします。

<具体的な取組み>
募集スタッフには手数料を開示せず、手数料による商品選択を排除します。
商品比較はお客様のご要望に従い、商品の内容・品質、保険会社の信頼性、支払い及び付帯サービスの優劣によって行います。
募集の際、お客様より手数料開示のご請求があった場合、開示時期と開示方法について ご説明をさせて頂きます。
お客様が負担する手数料・費用等が発生する商品については重要事項説明に併せて募集時にしっかりとご説明をさせて頂きます。



4.重要な情報のわかりやすい提供についての方針

弊社では高い専門性により、商品内容・商品の特色、お客様へのリスク、付帯サービスの比較説明をいたします。
有益で必要な情報をご提供し、お客様に応じてわかりやすい説明を心がけます。
ご理解を頂けるまで時間を惜しまず丁寧な説明をいたします。

<具体的な取組み>
弊社では一月一商品分野(毎月一つの商品分野について)、
商品比較の勉強会を毎週開催し、保険会社による商品内容やサービス等の違いや特性・リスクなどを研修し、
ご提案時に保険料だけではなく、よりお客様の利益に繋がる詳細かつ解りやすい情報の説明に役立てています。

下記項目については特に重要な情報としてご契約の際には必ずご納得いただけるまでご説明させて頂きます。

①保険料

保険料(掛け金)は保険商品の選択において重要なファクターの一つだと考えます。
しかしながら保険料に影響されすぎると必要な補償を得るという保険商品の本来の価値を見誤ってしまうこともあります。
必要な保障を価格も含めて選んでいただく為、目に見える保険料の差だけではなく、補償内容や付帯サービスも含めてそれぞれを対比し、
コストパフォーマンスの観点からも丁寧にご説明させて頂きます。

②補償内容

補償内容は保険商品の骨子であり価値そのものと言えるものですが、細かい部分でお客様に十分ご理解を頂くことが難しい部分でもあります。
弊社ではなるべく広い範囲の補償、高い補償額をまず御提案させて頂きご検討を頂きます。
その上でお客様が必要ないと判断される部分を除くことによりお客様が必要と考える保障に近づけていく手法を採らせて頂きます。
パンフレットやお見積もりで表記されていない細かい部分も必要に応じてご説明をいたします。

③損失その他のリスクについて

お客様にとって不利益またはリスクとなる可能性があると思われる下記事項について、
保険商品に応じた重要事項説明書等を使用し、十分にご説明をいたします。

・ 保険金、給付金をお支払いできない主な場合について
・ 元本割れの有無について
・ 解約返戻金の有無について
・ 諸費用について
・ 為替リスクについて
・ 保障開始日について
・ 失効と復活について
・ 保険金・保険給付金の金額と払込保険料の合計額について
・ 商品のパッケージ化の可否とそのメリットとデメリットについて

④お客様との対応の内容と履歴から学びます

毎週の全店ミーティングにおいて、お客様との対応の中での気づきを共有しています。
お客様からご指摘・ご意見頂いたこと、お喜び頂けたことを共有しデータ化することで
常にお客様への情報提供のあり方を見直しています。



5.お客様にふさわしいサービスの提供についての方針

弊社では主に下記4つのサービスをお客様へご提供しております。
お客様のおかれる環境は多種多様・ご要望も千差万別です。
お客様にふさわしいサービスのご提供と商品のご案内の為、下記事項について特に留意しご案内に努めます。

・ お客様の抱えるリスク
・ お客様が不安に思われている事項
・ お客様のご希望やご興味、および金融商品購入の目的
・ お客様の資産状況
・ お客様の金融商品の取引経験や知識


①リスクコンサルティングサービス

・ お客様の現在と未来においてどのようなリスクが存在するのかを分析
・ お客様のリスクに対しての準備状況の顕在化(リスクマッピング)
・ お客様のリスクの回避の手段と保険の御提案(リスクファイナンス)(リスクコントロール)
・ お客様のリスクを管理(リスクマネジメント)


②ライフ・プランニング・サポート・サービス(Lipss)

・ お客様のライフプランをシュミレーション
・ お客様の将来の収支をシュミレーション
・ 問題解決と夢の実現に向けたご提案


③お客様サポートサービス(各種専門家ご紹介サービス)

お客様のお困りごとに対し、弊社クライアント様・提携業者様・保険会社提携サービス業者様をご紹介しお客様のサポートに繋げます。

・ 医師
・ 士業(弁護士・司法書士・税理士・社会保険労務士・行政書士)
・ 自動車販売・修理業者等
・ 建設業者


④事業継続力強化計画作成サポートサービス

中小企業庁推奨の事業継続力強化計画の作成支援をいたします。


⑤建物評価、リスクサーベイサービス

お客様の所有する建物の再調達価格(再建築価格)、時価格(現在の価格)の評価算出、
専門家による危険の洗い出しと改善のご提案をいたします。

<具体的な取組み>
・ お客様のニーズや志向を確認するためヒアリングシートの作成と保管をします。
・ お客様の現状を理解していただく為、保険管理表の作成をご提案します。
・ お客様のライフサイクルや将来をシュミレーションして頂く為、ライフリスクマネジメントのご提案と実施をします。
・ 特定保険商品をご検討になられる場合は、お客様の金融商品購入経験や保有資産等も必要に応じてご確認させて頂きます。



6.従業員に対する想いについて

スタッフ全員が幸福と感じ、魅力的な人であって欲しい。
その為に、『楽しい会社であること』、『誇れる仕事であること』、『成長できる組織であること』を目指し、環境の整備と機会の創出をします。

<具体的な取組み>
・ 楽しく働ける社内環境を整えるため、定期的に面談を実施し不満や要望を聞き可能な限り改善を推進します。
・ 成長できる機会として定期的な社内研修を実施します。また保険会社等によるあらゆる研修の受講や資格受験の支援と情報の提供をします。
・ 魅力的な人や会社になるため、社会奉仕活動へ積極的に取り組みます。
・ 仕事を通じて共感し感動し喜びをもてる職場を目指すため、お客様との関わりについての発表を毎週行います。
・ Winsファミリー全員の幸福を実現するため、会社の成長目標を共有し全員で取り組みます。
・ 誇りをもてる仕事と会社にするため、経営理念と行動指針に従いセールスよりコンサルティング、能力より誠実さ、効率より品質を実践します。



「お客さま本位の業務運営方針」の定着度合を評価するための指標(KPI)の公表について

*2021年7月~2022年4月末データより公表いたします



1. お客様アンケートの結果
2. 保険管理表の作成件数
3. 新規・更改契約の保険会社別件数
4. 研修実施件数
5. 「お客様の声」の件数
6. Lipss(ライフプランシュミレーション)の実施件数
7. お客様サポートのご紹介件数
8. 特定保険商品新規契約件数
9. スタッフと管理職の面談実施件数
10. 資格受験件数
11. 手数料開示請求および開示件数

《ご参考:金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社「お客様本位の業務運営についての方針」との関係》

当社は金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」(以下、原則)を採択し上記「お客様本位の業務運営についての方針」を公表しております。
原則との関係は下記の通りです。

原則2 1.お客様の最善の利益の追求についての方針
2.利益相反の適切な管理についての方針
4.重要な情報のわかりやすい提供についての方針
原則3 2.利益相反の適切な管理についての方針
3.手数料等の明確化についての方針
原則4 3.手数料等の明確化についての方針
原則5 2.利益相反の適切な管理についての方針
3.手数料等の明確化についての方針
4.重要な情報のわかりやすい提供についての方針
5.お客様にふさわしいサービスの提供について方針
原則6 4.重要な情報のわかりやすい提供についての方針
5.お客様にふさわしいサービスの提供についての方針
原則7 4.重要な情報のわかりやすい提供についての方針
5.お客様にふさわしいサービスの提供についての方針
6.従業員に対する想いについて

*1 原則6注3については弊社の取引形態上、金融商品組成に関わる金融事業者に該当しない為関係する記載はありません。
*2 原則の詳細につきましては、金融庁ホームページにてご確認ください。